キャッシングを学ぼう!基礎知識 総量規制

総量規制

キャッシングついて説明しているページでも登場してくるこの言葉。
総量規制。
この総量規制はキャッシングに深く関係している言葉です。

 

総量規制とは法律の一つです。
キャッシング法律の一つです。

 

この法律はキャッシングの借り入れ額を制限していく内容です。
数年前に消費者金融などから借りて返すことが苦しくなった人たちが多重債務者となってその後苦しくなったり、または自己破産してしまったり、最悪の結末を迎えてしまう人が多く世の中の大きな問題となりました。
これではいけないということで2010年の6月から始まった法律です。

 

その内容は
貸金業者からの借り入れは年収の3分の1まで

 

今までは年収などを審査したうえでお金を貸すことができていたのですがこの総量規制という法律ができてからは沢山借りることは禁止されています。
またお金を貸す貸金業者の方も禁止されているのです。
このことにより年収を証明する書類の提出など審査が厳しくなったという声も聞きます。

 

この法律により計画的に借り入れることができ、また返済計画も立てやすくなったともいわれています。
でももっと多くの金額が必要な人には少し困った法律のようです。

 

そこで総量規制対象外です。

 

総量規制対象外

 

総量規制の対象外という意味です。
というのもこの法律は貸金業法という法律なので貸金業が関係してくるのです。
もっと簡単に言えば銀行カードローンや農協など金融機関は関係がないということです。

 

そのため今では消費者金融や信販会社やクレジットによる借り入れよりも銀行カードローンなどが人気があるようです。
イメージ的にも銀行カードローンの方がいいようです。
消費者金融だとイメージが悪く周りの目が気になるところですが銀行はあかるく健全なイメージがあるようです。
また多くの銀行がカードローンに力を入れているので金利を調べてみてどこで借りるのがいいのかを見極めるといいでしょう。