名古屋銀行カードローンの魅力とは?審査や金利は?

名古屋銀行カードローンって正直どうなの?

名古屋銀行カードローン画像

名古屋市と言う大都会を抱えているのに愛知県には地方銀行がありません。日本で地方銀行を持たない都道府県は愛知県だけです。

 

その代わり、愛知県には第二地銀が3行もあり、第二地銀が3行あるのは東京都と愛知県だけです。中でも一番大きい第二地銀が名古屋銀行で、規模的には地方銀行の中位クラスと同等です。名古屋銀行には「新ミニマム」と「御用達くん」という2つのカードローンがあります。

新ミニマム

利用条件として名古屋銀行の営業エリア内に在住か、または勤務先があり、かつ現住所に1年以上居住していることがあります。

 

また、給与所得者は年収が200万円以上で1年以上の勤務、個人事業主は所得が200万円以上で2年以上の事業年数が必要です。パート・アルバイト、専業主婦、学生は利用できません。

 

ホームページ、FAX、郵送で申し込むと仮審査が行われ、審査結果が電話か郵送で入ります。

 

その後、店頭窓口での正式申込を行い、正式審査に通ると利用限度額の枠が設定されます。契約には本人確認書類の他、健康保険証や収入証明書の提出が必要になります。

 

貸出限度額は200万円で、利用限度額が預金口座にプラスされます。従って、カードローンとして新たに借入をするのではなく、預金口座からお金を引き出す際に、口座にある預金だけでは不足が出る場合に、不足分が貸し出される形になります。そのため、預金口座にお金が残っている間は借入が発生しません。

 

金利は一律10.5%であり、都市銀行よりお得です。さらに、名古屋銀行の住宅ローンを利用していると金利が5.5%、給与振込口座に指定すると金利が7.5%に下がるため、名古屋銀行を利用している人にはメリットのあるローンです。

 

なお、借入が発生した場合の返済は借入残高に関わらず、毎月、月初から月末までの間に1万円を預金口座に入金しなければなりません。返済が行われないと、翌月から借入ができなくなります。利息分は2月・5月・8月・11月にまとめて預金口座から引き落とされます。

御用達君

利用条件は新ミニマムとほぼ同じですが、年収条件が150万円に下がります。また、専業主婦でも夫が条件に合えば利用できます。申込・契約は直接店頭窓口で行いますが、健康保険証や収入証明書は必要ありません。

 

貸出限度額は50万円と少額になっており、金利は14.6%で新ミニマムよりかなり劣ります。

 

なお、専業主婦の利用は20万円が限度です。新ミニマム同様、利用限度額が預金口座にプラスされるため、口座にある預金額より多く引き出した時に借入が発生します。返済方法は新ミニマムと変わりません。

 

専業主婦でも借りれるのは名古屋銀行カードローンの大きなメリットと言えます。銀行カードローンでもオリックス銀行カードローンなどは専業主婦への貸付をしていませんので、銀行だからと言ってどこでも専業主婦が借りられるわけではないのです。