キャッシングを学ぼう!基礎知識

キャッシングについて

このサイトではキャッシングということについての基礎知識を紹介していきます。

 

最近はテレビのCMなどからキャッシングという言葉が流れてきているので抵抗感はないと思います。
そもそもキャッシングとは お金を消費者金融やクレジットなどから借りることを言います。

 

お金を借りるからにはどうしても「金利」というものがついてきます。
つまり利息です。
一昔前の消費者金融会社はグレーゾーンという金利で利益を上げていました。
(グレーゾーンとは法律には引っかからない、でも限界に近い高い金利のことです。)
その当時は消費者金融を利用してキャッシングをする人が多くいました。
でもお金がない人がお金を借りているのだからなかなか返済できず多重債務者が増えてしまいました。
このことによりグレーゾーンの撤廃がされました。

 

そして消費者金融を管轄している金融庁が法律を作りました。
その法律は総量規制です。
消費者金融に適用する貸金業法で定められています。

 

 

総量規制には

  • 年収の3分の1までしか借りることができない
  • 専業主婦は借りることができない(収入がないため)

などの厳しい決まりができました。

 

この総量規制によってお金を借りることに制限が出てきたので借りれなくなってしまった人や借りる金額が減ってしまった人もいるでしょう。
でもこれが面白いことに総量規制対象外というものもあるのです。
それは消費者金融ではなく銀行カードローンなのです。

 

今多くの銀行はカードローンを取り扱っています。
某大手の消費者金融会社も銀行の傘下に入っているところが多くあります。
銀行だと正直なんの違和感もなくキャッシングができると思いませんか?
消費者金融からキャッシングをすると後ろめたい気持ちになるのに・・・

 

銀行は先に述べた貸金業法が適用されないため総量規制対象外ということができるのです。
つまり年収の3分の1以上であっても、また専業主婦であっても借りることができるということです。
最近では銀行カードローンを利用する人が増えているようです。